公費の乳がん検診については「乳がん検診(京都)」をご確認ください。

乳腺超音波(エコー)検査とは?

乳腺超音波検診では、良性のしこりのようなものから乳がんまで早期に発見することができます。マンモグラフィーでは分かりにくいとされる、若年の方や乳腺組織の多い方でには特に有効な検査となります。

乳腺超音波の検査方法

超音波の伝わりを良くするために乳房表面にゼリーを塗り、その上からプローブと呼ばれる機器をあて乳房内部を写します。

乳房に超音波をあてて、跳ね返ってきた反射波を画像に表す検査です。乳房の内部の構造を観察しながら、触診では検出できない小さな病変も見つけることができます。

乳房を圧迫する必要がないため検査中の痛みはなく、マンモグラフィーのようなX線を使用していないため、安心して検査を受けていただけます。

経験豊富な女性医師が検査を行います

乳腺超音波検査はマンモグラフィーでは分かりにくい若年の方に有効であったり、しこりの判別が容易というメリットもありますが、検査する者の技量により結果が大きく異なるというデメリットもあります。

当クリニックでは、経験豊富な女性医師が乳腺超音波検査を行い、患者様と一緒にその場でモニターを見ながら結果をお伝えすることが出来ます。気軽に医師へ質問をしていただけ、患者さまには安心して検査を受けていただけます。

乳腺超音波検査の流れ

1

問診票に記入

検査を受けていただくために、問診票のご記入をお願いします。患者様の個人情報は診察の目的以外には使用しません。

2

検査着に着替え

上半身何もつけずに当院で用意したトップスに着替えていただきます。ワンピース、サロペットなど上下がつながった服は避けてください。

検査着

3

診察(視診・触診・乳腺超音波検査)

診察は個室で女性医師が行います。乳腺超音波検査乳房表面にゼリーを塗り、その上からプローブと呼ばれる機器をあて乳房内部を写します。患者様にもモニターでご覧いただきながら診断を行います。

4

診断結果報告

乳腺超音波検査は当日結果が分かります。

乳腺超音波とマンモグラフィー、受診のめやす

マンモグラフィーは石灰化、乳腺超音波は腫瘤とそれぞれに見つけやすい病変が異なりますので、両方受けていただいた方が検診の精度は上がります。乳腺を構成している大事な成分は「乳腺組織」と「脂肪組織」となります。

年齢を重ねるにつれて、乳腺は退縮して脂肪が増加していく傾向にあるため、乳腺超音波は若年の方や乳腺の発達した方にお勧めしています。

マンモグラフィーは乳腺が発達している若い人ほど痛い 傾向があるので、一般に40歳以上の方に勧められますが、若年の方が受けていただいても支障はありません。

40歳以上ならまずはマンモグラフィー、それ以下の方ならまずは超音波をお勧めいたします。

乳腺超音波検査の対象の方と費用

乳腺超音波検査はどなたでも受けていただけます。ペースメーカーを装備されている方、豊胸手術をされていても問題なく検査を受けていただけます。

乳腺エコー検診

4,000円(税込)

Web予約の際のご注意

マンモグラフィーをご希望の場合

「3Dマンモグラフィー」という予約枠でご予約ください。

乳腺超音波をご希望の場合

乳腺超音波は、お電話もしくはWeb予約での予約が可能です。Web予約の場合は「乳腺科女医」という予約枠でご予約ください。

※異なる予約枠に予約された場合は来院されても診察ができませんのでご注意ください。

お電話でのご予約は「京都駅前 婦人科 乳腺外科 まりこクリニック」へお電話ください。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。