アフターピル 4,980円~「土日・夜間の処方も可能」Gynecology

  1. 婦人科
  2. アフターピル 4,980円~「土日・夜間の処方も可能」

性交渉後なるべく早めにアフターピル緊急避妊薬を服用することで避妊率が上がります。未成年の方でも処方可能です【土曜日・日曜日曜日・夜間も診療】予約なしの場合は受付時間にご来院ください
最寄り駅は最寄り駅は京都や滋賀の【京都駅から徒歩2分】【JR南草津駅から徒歩3分】【JR桂川駅から徒歩7分】【阪急洛西口駅から徒歩6分】ヤッペ法4,980円・レボノルゲストレル法8,000円。

低用量ピル2,000円は こちら

 

性交渉から72時間以内に服用してください

アフターピルの価格(値段)
■4,980円(税込)ヤッペ法(2錠内服後、12時間後に再度2錠内服)
■8,000円(税込)レボノルゲストレル法(1回1錠内服)
※上記以外に追加料金は不要(初診料、再診料、診察料、カウセリング料など不要)
※クレジット・QRコード決済OK

■未成年の方でもアフターピルの処方可能です(親御様の同意不要)
■性交渉から、なるべく早めにアフターピルを服用することで避妊率が上がります
■アフターピルは薬局やドラッグストアなど市販での販売はされておりません
■身分証明書(保険証・免許証・マイナンバーカード・パスポート・住民票等)が必要です
■ウェブ予約が取れなかったとしても、アフターピルの場合は、ご来院ください

「京都駅」徒歩2分(土日も診療)
「JR桂川駅」徒歩7分
「阪急洛西口駅」徒歩6分

 

アフターピル(緊急避妊ピル)の種類と副作用について

ヤッペ法 4,980円(税込)
 服用方法:1回2錠を当院で飲んで頂き、12時間後に2錠飲んで頂きます
 副作用 :吐き気、嘔吐、倦怠感、頭痛、下腹部の痛み、イライラ、不安感
 避妊率 :57%(産婦人科学会ガイドラインにて)

レボノルゲストレル法 8,000円(税込)
 服用方法:1回1錠を当院で飲んで頂きまして終了です
 副作用 :ほとんど副作用はみられません
 避妊率 :85%(産婦人科学会ガイドラインにて)

※まりこクリニックのアフターピルは「厚生労働省認可」の薬剤のみの処方になります

 

 

アフターピル(緊急避妊ピル)ご注意ください

■診察後の服用キャンセルの場合は「診察料:平日2,820円・土日夜間3,320円」が必要です
■診察にて相談のみになった場合は「診察料:平日2,820円・土日夜間3,320円」が必要です
■「ヤッぺ法」の服用中に喫煙すると心臓や循環器などに副作用が高まる恐れがあります
■アフターピルは妊娠を防止しますが、100%防止できる薬ではありません
■身分証明書をお持ちでない場合は処方できません。必ずお持ちください
■当院では48歳以上の方へのアフターピルを処方しておりません
■問診票の項目に異常がある場合は処方できない場合があります
■医師の診察なしで、アフターピルをお渡しすることはできません
■web予約が取れない場合でも予約外患者として受付時間内に来院してください。お電話いただいてもweb予約以上の予約はお取りしておりません

 

アフターピル(緊急避妊ピル)服用後の生理のズレについて

アフターピルは女性ホルモン剤になります。内服後、数日から1週間くらい次の生理が早まったり、遅れたりする可能性があります。人によっては、少量の出血が2-3日でることもあります。次回生理予定日より1週間たっても出血がない場合は婦人科を受診して、妊娠してないか確認しましょう。また、次回生理予定日1週間後までに、生理かどうか分からないぐらいの少量の出血しかなかった場合も受診してください。

 

 

アフターピル(緊急避妊ピル)が必要な方の例として

・コンドームが破れてた、外れていた
・コンドームが膣内に残留した
・避妊具を途中で外してしまった
・避妊具なしで最後は膣外射精だった
・低用量ピルを飲み忘れていた

★「もしかして・・・妊娠したかも」と不安にならないために定期的にピルを服用してきちんと避妊してみてはいかがでしょうか?低用量ピルを正しく服用すれば望まない妊娠を防げます。妊娠を望まれないのであれば「もしかして・・・」と不安な思いをしない為にも、普段から低用量ピルを使用されることをおすすめします。

 

 

アフターピル(緊急避妊ピル)の受け取りまでの流れ

①予約のうえ、ご来院ください(予約が取れない場合は、そのまま予約外患者として受付時間内にご来院ください)
②受付にて身分証明書(マイナンバー、免許証、パスポート、住民票等)をご提示ください
③問診票を記入し、医師の診察を受けていただきます
④会計時にお薬をお渡しします。その場で、すぐに服用ください。
※予約はなくても診察可能です(予約の患者様優先です、ご了承ください)
※未成年の方でもアフターピルの処方は可能です(親御様の同意も不要)

 

アフターピル(緊急避妊ピル)の遠隔診療について

遠隔診療のの流れ
①遠隔診療アプリ「curon(クロン)」をアプリストアよりダウンロードしてください。
②アプリの指示に従い氏名や生年月日、病院などを登録をしてください。
③登録完了後、病院から承認をします。(承認に1営業日かかる場合がありますのでお急ぎの場合は来院してください)
④アプリ内で診療予約をお取りください。既存の予約枠しか予約は取れません。
⑤予約時間枠内に医師からビデオ電話がかかってきます。ビデオ電話を取り医師の診察を受けていただきます。
⑥ビデオ通話での診察後、診察料とアプリ使用料を決済してください。
⑦決済完了、診察受付時間内にクリニックの方へお越しください。
※血圧測定後、異常がなければ会計でお薬の処方とお薬のお支払いをしていただきます。
※来院時の医師の診察は不要の為、受付にてアフターピルの処方になります
※アプリでの決済完了後、避妊失敗から72時間以内に必ず来院し服用してください。
※ご来院時には必ず身分証をお持ちください。お持ちでない場合は処方できませんのでご了承ください。

【京都駅前婦人科まりこクリニック】医療機関コード:1b0b
【桂川洛西口産婦人科まりこクリニック】医療機関コード:8dc8

遠隔診療での金額とお支払い方法
■ピル相談料…3,000円(税込)遠隔診療時にお支払
■レボノルゲストレル錠…5,000円 来院時にお支払
■プラノバール錠…1,980円 来院時にお支払
■クレジット決済のみの受付(VISA・Master・JCB・AMEX)※1回払いのみ

 

 

アフターピル(緊急避妊ピル)の「よくある質問」

 Q:アフターピルは未成年での購入はできますか?親の同意は必要ですか?
 A:未成年の方のみの診察、お薬の処方もできます(親御様同意は必要ありません)
 
 Q:アフターピルで予約がしたいのに、予約いっぱいの場合はどうしたらいいですか?
 A:お電話いただいてもオンライン予約枠以上の予約は受け付けておりません。予約が取れなかったとしても、予約外患者として受付時間内に、ご来院ください。ただし予約の患者様を優先して診察しております。土日は長い場合2時間待ち時間が出る場合も出てきております。ご了承のうえ来院ください。

 Q:アフターピルに必要な持ち物はありますか?
 A:「身分証明書(保険証、マイナンバー、免許証、パスポート、住民票のいずれか1つ)」と「アフターピル費用」の2点をお持ちください。

 Q:アフターピルは親への確認の連絡、家に郵便物などの通知はありますか?
 A自費診療になりますので、親御様に連絡やご自宅に郵便物などの通知はありません。ご安心ください。
 
 Q:ヤッペ法を処方してもらったが副作用で吐いてしまったがどうしたらいいですか?
 A:2回目内服でも再度嘔吐してしまう可能性が高いので、ヤッペ法では対応できません。避妊できなかった性交渉から72時間以内でしたら、レボノルゲストレルを内服することで対応できます。この場合、再度レボノルゲストレルの費用が発生します。

 Q:アフターピルは何歳まで服用できますか?
 A:当院では48歳未満の方に処方可能です

 Q:日曜日や仕事帰り時間でもアフターピルは手に入りますか?
 A:当院では京都駅前院にて平日以外に土曜日・日曜日・夜間の診療しております