女性器周辺の「はれ・痛み・かゆみ」Gynecology

  1. 婦人科
  2. 女性器周辺の「はれ・痛み・かゆみ」

女性器周辺の「はれ・痛み」の原因の可能性として

  • ヘルペス感染症
  • 尖圭コンジローマ
  • バリトリン腺嚢腫(細菌感染)

 

我慢せず、早めにご来院ください

・ 薬剤投与で治療が可能なのでなおりますので、早めにご来院ください

・ 抗製剤の投与やうみの排泄など適切な治療を行わないと悪化する恐れがあります

 

性器周辺の「はれ・痛み」は、ご注意ください

・ 適切な処置を行わないと、ヒドく悪化する可能性があります

・ 医師の診断のもと、早期治療することをおすすめします

 

 

女性器周辺の「かゆみ」

婦人科を受診されるきっかけとなる症状のひとつに、女性器周辺の「かゆみ」があります。
特に外陰部は皮膚と粘膜の境目なので神経が過敏になり、かゆみを感じやすくなっています。
かゆみを引き起こす疾患の中には時間の経過とともに症状が治まることもありますが、病的な原因で起こるものもあるため注意が必要です。
それそれの症状に合わせた薬剤投与での治療が必要となりますので、早めにご受診いただくことをおすすめいたします。

 

「かゆみ」の原因の可能性として

1. 接触性の皮膚炎や外陰部への刺激で起こるかゆみ
 
下着やナプキンが肌に合わない、蒸れるなどが原因となる場合があります。
経過とともに改善することもありますが、皮膚が炎症したり腫れるような場合には薬を処方することもあります。
 
2. 病的な原因で起こるかゆみ
 
・カンジタ症
膣カンジダを引き起こす真菌は、健康な女性であっても誰にでもいる常在菌です。
体調不良やストレス、疲労などで体の抵抗力が弱ると増殖し、炎症を引き起こします。

・トリコモナス膣炎
むずがゆさから始まり、次第にヒリヒリした痛みが起こる場合があります。
多くの場合、性交渉時にパートナーの尿道にいたトリコモナス原虫が膣内に入ってくることで感染します。

 

婦人科を受診する目安

・生活に支障が出るような「かゆみ」がある時

・おりものの量が増えたり、色の異常、においが気になる時

・「できもの」や痛みが出てきた時

・白いモロモロとしたおりものが出る時

・パートナーが性感染症、またはその可能性がある時

 

性病・性感染症検査について

女性器周辺の「はれ・痛み・かゆみ」や「おりもの異常」など症状がある場合は保険診療となります。
当院では自費による「性感染症検査」も行っております。