女性器周辺や外陰部「かゆみ・はれ・痛み・できもの」Gynecology

  1. 婦人科
  2. 女性器周辺や外陰部「かゆみ・はれ・痛み・できもの」

女性器周辺や外陰部の「かゆみ・はれ・痛み・できもの」などの症状がある方は「性感染症」「バリトリン腺嚢腫」「ヘルペス感染症」「バリトリン腺嚢腫」などの可能性があります。パートナーが性感染症だった時、症状が悪化したり、なかなか改善がなかったり、どんどん範囲が広っていく場合などは、我慢せずに婦人科を受診してください

女性器周辺や外陰部の「かゆみ」の原因の可能性として

①接触性の皮膚炎や外陰部への刺激で起こる「かゆみ」
「下着の素材が肌にあわない」「ナプキンが原因で蒸れる」などが「かゆみ」となる原因の場合があります。

②カンジタ症が原因でおこる「かゆみ」
膣カンジダを引き起こす真菌は、健康な女性であっても誰にでもいる常在菌です。
体調不良やストレス、疲労などで体の抵抗力が弱ると増殖や炎症を引き起こすことで「かゆみ」の症状となる場合があります

③トリコモナス膣炎げ原因でおこる「かゆみ」
むずがゆさから始まり、次第にヒリヒリした痛みの症状が起こる場合があります。多くの場合、性交渉時にパートナーの尿道にいたトリコモナス原虫が膣内に入ってくることで感染します

女性器周辺や外陰部の「かゆみ」による受診の目安

・生活に支障が出るような「かゆみ」がある時
・パートナーが性感染症、またはその可能性がある時
・かゆみ以外に、おりものの量が増えたり、色の異常、においが気になる時
・かゆみ以外に「できもの・痛み」が出てきた時

 

女性器周辺や外陰部の「はれ」の原因の可能性として

①ヘルペス感染症が原因でおこる「はれ」
ヘルペスウィルスは性交渉をされたことのある多くの方が持っているウィルスです。感染時に症状が出る場合もありますが、感染して無症状の方も多くいらっしゃいます。神経節に潜んでいるウィルスが、ストレス・疲労などで活性化すると、外陰部に水ぶくれや表皮が離脱したできものができ、痛みが出たり、外陰部全体が腫れる場合があります

②バリトリン腺嚢腫(細菌感染)が原因でおこる「はれ」
膣内を潤すために分泌物を出す腺が外陰部にあります。そこに雑菌などが入り込み、炎症が広がると膣の入り口横に腫れが出てきたり、痛みが出る場合があります

③性交渉や自慰行為による「はれ」
性交渉や自慰行為時に外陰部に摩擦がかかることで、膣周辺の皮膚が腫れたり、痛みが出る場合があります。性交渉や自慰行為後がピークで、1-2日で自然に収まってくるようでししたら何もする必要はありませんが、どんどん腫れが酷くなってきたり、痛みが強くなる場合は雑菌感染を併発している場合があります。

女性器周辺や外陰部の「はれ」による受診の目安
・はれがどんどんひどくなり、1-2日で収まらないとき
・強い痛みを伴うとき

 

女性器周辺や外陰部の「痛み」の原因の可能性として

➀ヘルペス感染症が原因でおこる「痛み」
ヘルペスウィルスは性交渉をされたことのある多くの方が持っているウィルスです。感染時に症状が出る場合もありますが、感染して無症状の方も多くいらっしゃいます。神経節に潜んでいるウィルスが、ストレス・疲労などで活性化すると、外陰部に水ぶくれや表皮が離脱したできものができ、痛みが出たり、外陰部全体が腫れる場合があります

②バリトリン腺嚢腫(細菌感染)が原因でおこる「痛み」
膣内を潤すために分泌物を出す腺が外陰部にあります。そこに雑菌などが入り込み、炎症が広がると膣の入り口横に腫れが出てきたり、歩いたとき、摩擦が加わった時に痛みが出る場合があります

③性交渉や自慰行為による「痛み」
性交渉や自慰行為時に外陰部に摩擦がかかることで、膣周辺の皮膚が腫れたり、痛みが出る場合があります。性交渉や自慰行為後がピークで、1-2日で自然に収まってくるようでししたら何もする必要はありませんが、どんどん腫れが酷くなってきたり、痛みが強くなる場合は雑菌感染を併発している場合があります。

④皮下組織への感染による「痛み」
ニキビのような小さなできものや、皮膚が赤く腫れるたり、膿がたまったり、出血したりする場合があります。これは皮膚の下の組織に雑菌が入り込むことで起こります。痛みがない場合は治療が必要ない場合もありますが、押して痛かったり、赤くはれている場合は抗生剤の治療が必要になる場合があります。

女性器周辺や外陰部の「痛み」による受診の目安
・性交渉後からでる痛みの場合は、収まってこず1-2日以上続く場合
・それ以外の場合は痛みを感じだしたとき

 

女性器周辺や外陰部の「できもの」の原因の可能性として

①ヘルペス感染症が原因でおこる「できもの」
ヘルペスウィルスは性交渉をされたことのある多くの方が持っているウィルスです。感染時に症状が出る場合もありますが、感染して無症状の方も多くいらっしゃいます。神経節に潜んでいるウィルスが、ストレス・疲労などで活性化すると、外陰部に水ぶくれや表皮が離脱したできものができ、痛みが出たり、外陰部全体が腫れる場合があります

②尖圭コンジローマによる「できもの」
ヒトパピローマウィルスによるできものです。通常はこのウィルスに感染しても特になにも症状が出ない方が圧倒的に多いのですが、いぼ状のちいさなできものが多数できる場合があります。できものは放置するとどんどん広がっていく場合があります。場所や個数によって治療が変わりますが、薬を塗ったり、局所麻酔下に電気メスで切除する場合もあります。

③皮下組織の硬結による「できもの」
まさつが継続的に加わったり、感染がおさまったあとなどに皮下組織が固くなって硬結として触れる場合があります。表皮には強く盛り上がりができない場合が多いです。こちらは特に治療は必要ありません。ただ、押して痛みがあるとき、どんどん大きくなってくるときなどは検査や治療が必要になる場合があります。

女性器周辺や外陰部の「できもの」による受診の目安
・痛みを伴うとき
・どんどん大きくなってくる場合
・いぼ状のできものの時

 

我慢せず、早めにご来院ください

・ 薬剤投与等で治療が可能です、早めにご来院ください
・ 抗生剤の投与や膿の排泄処置など、適切な治療を行わないと悪化する恐れがあります
・ 市販薬で使用することで一部の症状が悪化する場合があります
・ 医師の診断のもと、早期治療することをおすすめします